本文へスキップ


 学科概要

○園芸科 ○畜産科 ○生活科 ○農業機械科 ○緑地土木科 ○生物工学科 ○食品科学科

園芸科
 
 【 学科目標 】
 園芸植物の特性や栽培管理の基礎を習得し,フラワーアレンジメントや果樹・野菜の流通など,生活に密着した園芸植物の利用について学びます。また,植物バイオテクノロジーについての基礎的な知識・技術を身に付け,先進農家や生花店など農業関連産業のリーダーをめざします。  
【 園芸科での学習内容の特徴 】

 草花・果樹・野菜の栽培を中心に園芸に関わる様々な学習を行います。また,今までの農業では,「勘」に頼ることが多く,曖昧な栽培管理に頼らざるを得ませんでした。常に変化する環境条件に左右され,病気の発生や植物体の軟弱化など悪影響も多く見られます。そこで本学科では一例として『土壌微生物バイオテクノロジー』の学習の中で,希釈平板法に基づく土壌総菌数の計測に取り組んでいます。これにより圃場における細菌の活動状況や追肥時期の見分け方など,科学的な「マニュアル化」が図れます。また,これを実際の現場に生かすことにより,より高品質な農産物を生産することができるのです。 

 【 3年間の学習内容例 】
 1年次 農業と環境・総合実習で栽培技術の基礎を習得します。
 

総合実習では,草花・果樹・野菜に分かれて実習を行います。

[専門科目]農業と環境

 
 2年次 特色ある科目「土壌微生物バイオテクノロジー」
 

土壌微生物の総菌数を計測することにより,土壌の状態や有機物の特徴を分析することが出来ます。

[専門科目]土壌微生物バイオテクノロジー・野菜基礎・SS課題研究T・総合実習

 
3年次 課題研究による研究活動
 

3年間の学習の集大成としての課題研究。中間発表会,最終発表会で発表します。
[専門科目] 草花基礎・果樹基礎・植物バイオテクノロジー・グリーンライフ・栽培環境・SS課題研究U 他

 

 【 進路状況 】 平成28年度
 
 【 主な資格取得 】 
室内園芸装飾技能士3級 初級バイオ技術者認定試験 ●農業技術検定
●各種情報処理技術検定 など 
 【 園芸科が求める生徒 】
○植物・食料や環境の問題に興味があり,物事を総合的に考えることが出来る人  
  現実の事象には様々な面があります。総合的・多面的に考えることが大切です。
○フィールドでの活動が好きで,行動力がある人
  植物栽培は屋外で行われます。毎日の観察を欠かさず,植物の発信するメッセージを
 鋭くとらえ,見逃さないこと。
 
 ●学科のページへ(各学科の情報発信ページです)        このページの先頭へ